ちちおやろぼっつ

父親知らずな新米パパの育児・結婚生活・アイディアなどを綴るブログ。

【山口県宇部市】ちちおやが妊娠教室行ってきた。

time 2016/12/21

【山口県宇部市】ちちおやが妊娠教室行ってきた。

かなりの間が空いてしまいました。
お久しぶりです。ちちおやです。

2016年11月04日に無事、第一子が産まれました!
女の子です。

嬉しい限りです。
仕事も落ち着いて、母子ともに生活リズムが安定してきたので滞っていた更新を再開しようと思います。

今回は妊娠教室のレポートを上げようと思います。

  1. 妊娠教室って何?
  2. 体験してきたこと
  3. まとめ



しかし、写真が撮れたのは2日目の2枚ぐらいしかないんですよね・・・。
真面目に聞いていたのと、思ったより参加されている方が多かったからです。

宇部市の妊娠教室は春夏秋冬で年に4期あり各2回ずつ開催されています。
参加する条件としては、原則として妊娠中期(16週)以降の妊婦さんと旦那さん。
先着36組との事。
電話での予約が必須です。

開催されている場所によっては人数や時期、回数も違うと思いますので
お住まいの地域のHPなどを確認してみましょう。

妊娠教室って何?

ちちおやが行って来たのは、山口県宇部市の妊娠教室。
夏の陣!

山口県宇部市 | 妊娠教室
http://www.city.ube.yamaguchi.jp/kosodate/boshikenkou/ninshin/kyoushitsu.html

一年に4回、季節ごとに2回ずつ開かれているんですが、
大体2日に別けて開催されている様です。

参加費は700円でした。
1日目の参加時にお支払いしてテキストを貰えば2日目は参加費不要です。
ちちおやはシフト制の仕事だった為、両日に参加してきました。
(2日目は仕事が急遽入ってしまい、途中参加になりましたが・・・)

どんな事を教えてくれるのか、リストにしました。

    1日目の内容

  • 歯科医師:お母さんと赤ちゃんの口腔ケア
  • 栄養士:健康的な食生活をおくろう、赤ちゃんが喜ぶ食事
  • 食生活改善推進員:具だくさんみそ汁の試食。楽しい食生活を送ろう
  • 母子保険推進員:育児を楽しもう

    2日目の内容

  • 保健師:子育てについて
  • 体験学習:妊娠体験、赤ちゃんの入浴実習、たばこの害について考えよう
  • DVD鑑賞:赤ちゃんが泣き止まない

こんな感じの内容となっています。

開催されている時間と曜日も重要なのですが、
2016年(平成28年度)の物になるので、参考までにどうぞ。

1日目は、水曜日 13:00~15:00
2日目は、金曜日 18:30~20:30

参加した印象としては、1日目はお母さんだけでの参加が多く、
2日目はお父さんも多数参加されており、参加人数自体が倍近くになっていた印象です。

36組なので、最大72人の参加が可能という事ですね。
ご予約はお早めに!

体験してきたこと

1日目は最初から最後まで参加できましたが、
2日目は途中参加になってしまい、
最初の講義を聞き逃してしまいました。

1日目。
ほとんど講義。
食事での健康管理についてと、歯磨きの重要性。
妊娠中は、虫歯になりやすいと言われてます。

そのため、妊娠中に歯医者さんに通う事をオススメします。
これを期に虫歯を一気に治療してしまうのも良いかもしれませんね。

うちの嫁さんはあまり虫歯がなくて、4回前後の治療で終わりました。
ちちおやも行ってきましたが、まだ終わってません・・・。
一回一回の間にすごい期間が空いてしまうんですよね^^;

話が逸れましたが、
最後に塩分控えめの味噌汁が振舞われました。

野菜の味しかしませんでした・・・。
これ味噌汁か?と本気で思ってしまいます。
かぼちゃのゆで汁じゃなくて?と嫁さんと二人で話してました。

これが適正塩分量か・・・。
普段自分たちがどれだけ塩分を摂っているかが明らかになります。

平日の昼間とあって、旦那さんの参加率はかなり低かったですが
こちらも重要だと感じました。
参加できそうな方は、是非一緒に参加しましょう。

2日目は妊婦体験と、沐浴方法、それからお着替え練習を体験しました。
最初の講義も聞きたかった・・・。

妊娠体験中のちちおやを嫁さんに撮ってもらいましたので、どうぞ。

妊娠体験しているちちおや

めちゃめちゃ重かったです。
中にお湯が入っており、あかちゃんの体温も再現されてます。

これが暑い・・・。
何がしんどいって、その暑さと重さで汗が止まらない。
その上、お腹が視界をさえぎって足元は見づらいし
横になったり、椅子に座ったりしてみましたが・・・寝ている体制から起き上がるのに一回横にごろんってなってから手をつかないと立ち上がれないです。

腹筋をするような起き上がり方は、普段から体を鍛えている方でもないと難しいでしょうね。
これが毎日?筋肉痛が加わったらどんな事になるか分かりますよね?

中にボールが入っており、胎動?の様な物も体験できます。
ちちおやが動くたびに中で何かが動いてポコポコ当たるのが分かりました。

それから沐浴体験。
赤ちゃんのお風呂体験

こちらは嫁さんが実際に体験。
生後一ヶ月ぐらいは赤ちゃんのおへそがまだ完全に塞がっていないため、感染予防の為にベビーバスの使用が推奨されている様です。

へその緒もまだ半分くっついてますしね。

顔⇒体⇒頭の順に洗って行きます。
正解がある訳ではないんでしょうが、体が冷えないようにお湯で濡らしたタオルなどをかけてあげると良いようです。
(うちの現役看護師の母からは、濡れたタオルが冷える事もあるのでウチの病院ではやらないとの事。
またちちおやが産まれた際はベビーバスを使用せず。退院後がすぐに一緒にお風呂に入れていたとの事でした。)

嫁さんと娘ちゃんは一度ご実家にもどって一ヶ月休養を取りつつ育児に集中してもらいました。
余談ですが里帰り出産はちちおやが分娩に間に合わない可能性が高い為にしませんでした。

その関係で、ちちおやがしばらく娘ちゃんをお風呂に入れる機会はないだろうと思い、
嫁さんに体験して貰いました。

最後に「赤ちゃんが泣きやまない」というDVD鑑賞。

これがすごかった。
実際に娘ちゃんが泣き止んでくれない時に、あぁあのDVDを見ていて良かったな。と本気で思いました。

あまり赤ちゃんを揺らしてはいけないんですよね。
特に頭。
かっとなって、泣くな!って激しく揺すったりすると脳がシェイクされてしまい、損傷を与えてしまう事があり
障害が出たり、最悪の場合亡くなってしまう事もあるそうです。

抱っこしている時も、頭が激しく揺れたりしないように注意が必要なんだと分かりました。
大人の体と、赤ちゃんの体では大きさがそもそも違いますもんね。

皆さんも気をつけましょうね!

まとめ

妊娠教室は、参加する価値が非常に高い。
嫁さんの視点にも立てるし、うちの場合は特に初産だったのもあってかなり不安でした。
今回この妊娠教室に参加して分かったのは、知っているようで知らない事が多い事。つまり圧倒的に知識不足だった事でした。

これをきっかけに、情報収集がいかに大事か分かったので
疑問に思ったことはすぐに調べる癖が付きました。

知っているようで知らない事があると気づけたのは大きいですよ。
知ったかぶりや、これで良いんじゃない?と思いませんから。

自分の知識は間違っているかもしれない。
あるいは古い情報かもしれません。

皆さんも是非ご参加いただければと思います。
そして、あの重たい妊娠体験スーツを着ましょう!!(笑
是非!

  1. 妊娠教室って何?
  2. 体験してきたこと
  3. まとめ

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

未分類

プロフィール

ちちおや

ちちおや

父親知らずな新米パパ。 2歳のころ両親が離婚し、以来父親という存在に疑問を持ちつつ育つ。 いざ自分が父親になり、不安を抱えている。 同じ不安や悩みを抱えている人がいるのでは無いだろうか?と思いブログを開設した。

ブログ内検索

最近のコメント

    月別の記事